バスクラ用グッズ(続続)

ジェフさんから、またまたご丁寧なお返事をもらいました。以下、要約です。

「調節可能なペグ(エンドピン)も開発中だから、待っててもらえるなら、完成したら教えるね。元の素材は2本のティンパニーのマレット。軽くて丈夫で、片方の先をもう片方の底に差し込んで使ってる。純正のエンドピンは位置決めに使っているだけで、高さの調節ができない。最大で2インチ(=5センチくらい)高くできるスペーサーもあるけど、ちょっとグラグラしちゃう。
金属の部品をマレットに入れる一番いい方法を探してるんだ。そうすれば、ベルにあるノブで高さ調節できるんだけど、どのくらいうまくいくか分からない。上はそのままで、下半分を2本送るって手もあるけど、不便だよね。もうちょっと続けてみて、連絡するよ。どっちにしても、これはずっと前からやろうと思っていたことなんだ。

コンタクトマイクについては、特に何も変わらないんだけど、音が少しだけデッドになる。タンギングも普通にできるし、音程も変わらない。下唇の下に異物を挟んで演奏するのに慣れるには少し時間がかかるかな。心に留めておいてほしいのは、マイクをリードに直接付けているから、まるでウィンドシンセみたいな音になること。これは、楽器全体の音ではなくてリードが出す音だけを増幅しているから。僕らがSqwonkで使ってる音はYoutubeにあるビデオで聴いてみて。

http://www.youtube.com/watch?v=i8mPexcBbFg
http://www.youtube.com/watch?v=pDCtGlUqRGs

お勧めなのは、クラブみたいな騒々しい会場で演奏するときとか、音を(ディストーションみたいな)エフェクターで変えたいときとか。コンサートホールではお勧めしないな。」
とのことです。

バスクラ用グッズ(続)

この前のあれ、よく分からないことも多いので、ジェフに聞いてみた。

といっても、まずは「どうやって注文すればいいの?」くらいから。

送金方法くらいのノリでいたんだけど、ソッコーで返ってきた答えがこれだ(前後略)。

… For the bass clarinet pegs, they are made to a custom size.  I am attaching a picture so you can tell me the measurement you want it to be (inches or centimeters is fine).  Take the rubber ball off of your current peg and flip it upside down in the bell.

Once I make the peg, it can’t go any shorter, but I will include some pieces so you can make it a few centimeters longer.  You need to hold the instrument where you want it and have a friend measure the length for you …

んっと、要約すると、

このエンドピンは特注だから、ちょうどいい高さに楽器を構えて、友だちにサイズを測ってもらってね。純正のエンドピンは、ゴムを外して逆さにベルに刺して使うのよ。サイズは短く調節することはできないけど、数センチ伸ばせる部品はお付けするわ♪

(なぜオネエ?いや、なんとなく)というわけで、どうやら長さは調節できないらしい。リーダーからも「13センチのピンヒール履いてるときとビーサン履いてるときで、身長が倍ぐらい違うからなぁ、調節できないと困るなぁ(一部誇張あり)」という疑問が・・・。んー、もう、ジャストフィットな高さで頼むしかないのか。

あと、気になってるのが、ベルクロ(マジックテープ)っぽいテープ。おそらく、このエンドピンって、ひっくり返した純正をズボっと上から刺してあるだけなんじゃないかと。だからスポッと抜けないようにベルに巻きつけるんだと思うんだけど、写真じゃ最低音のキーにかかっちゃってますが(笑)、大丈夫ですかね。

んでもって、「コンタクトマイクって、あんなんつけて、タンギングとかできんのかね?」という素朴な疑問も。

ってことで、このへんの疑問をまとめてジェフに聞いてみよう。目標:今週中。

サイズの測り方
サイズの測り方